スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険金不払い調査で生保各社で保険架空契約が判明!


生命保険各社による不払い調査の過程で、営業職員が知人の名前を使う名義借り契約や、実在しない人物の契約を作り上げる架空契約など不正契約が多数見つかったことが21日、分かった。最大手の日本生命では、01年4月~06年3月の期間を対象に、契約者に解約返戻金などが支払われていない約75万件を調査したところ、「営業職員に頼まれて名前を貸した」など実体のない契約事例が確認された。同様の不正行為は他の生保でも見つかっており、金融庁は事実関係を確認したうえで行政処分を行う見通しだ。
 名義借り契約や架空契約は、保険料の立て替えなどを禁じた保険業法に違反する。関係者によると、営業職員がノルマ達成や成績を水増しするため、知り合いから名義を借り、自腹で保険料を支払う事例などがあったという。以前から常態化しており、「1000件に1件の割合で発生していた」(大手生保)とされるが、保険料の支払いが滞るなどしなければ発覚しにくいうえ、解約・失効した場合の返金手続きを熱心に行っていなかったことから、正確な実態は把握されていなかった。
 しかし、今回の一斉不払い調査で、解約・失効した契約者を追跡調査した結果、不正契約が相次いで確認されたという。続きを読む
スポンサーサイト

糖尿病治療物質に抗がん効果、国内研究陣が究明!?


これまで糖尿病、肥満など代謝疾患治療物質として注目されてきた「AMPK」タンパク質に抗がん機能もあることが国内研究陣によって初めて明らかにされた。韓国科学技術院(KAIST)の鄭鐘ギョン(チョン・ジョンギョン)教授が率いる研究チームは8日、AMPKたんぱく質を持たないショウジョウバエやヒトの大腸がん細胞を利用した研究を通じ、この事実を究明したと明らかにした。

この研究を踏まえ、今後はAMPK関連疾患であるがん、糖尿病、肥満などの研究に活路が開かれるものと評価される。既存のAMPKを用いた薬品が抗がん剤としても活用できるか、再評価する動きも活発になる見通しだ。鄭教授は、抗がん剤としての開発には3~5年との見方を示している。

続きを読む

病院選びが重要ですね!がん生存率、病院の治療件数で差…「肝臓」では3倍以上!?


肺、肝臓、胃など13種類のがんについて、治療件数が多い病院ほど、治癒の目安となる患者の5年後の生存率が高くなることを、約7万人のデータを基に大阪府立成人病センターのグループが明らかにした。

 主要ながんの治療件数と治療成績の関係についての大規模な研究は国内で初めて。質の高いがん治療のためには、治療経験の豊富な病院に集約して行うことが必要と言えそうだ。がんの臨床研究に関する英文医学誌に近く掲載される。

 調査したのは、同センター調査部の津熊秀明部長、井岡亜希子主査ら。1994~98年に、大阪府内の約330病院で、がんと診断され、府の「地域がん登録」に登録された約7万人を調査した。13種類のがんそれぞれについて、手術、放射線など主要な治療の総件数を4分割。治療件数が多い順で、上位4分の1の件数をこなす病院を「多件数病院」とし、以下「中件数病院」「少件数病院」「極少件数病院」と分類、5年生存率などを比較した。続きを読む

幸せそうですね!辻&杉浦、結婚会見の一言目は「すみませんでした」!?


5月8日(火)に“電撃”結婚と妊娠9週目と所属事務所から発表された元モーニング娘。の辻希美と俳優の杉浦太陽が10日(木)午後4時より、東京・高輪のホテルで結婚報告会見を行った。

 テレビカメラ14台、およそ100名もの報道陣を前に、白のドレス姿で登場した“ヒロイン”の辻は神妙な表情で「突然のことで、ファンや関係者の皆様にご迷惑、ご心配をおかけし、申し訳ございませんでした。これからも、温かく見守ってください!」と挨拶。

 7歳年上でパパになる“ヒーロー”杉浦は、今年3月の自身の26歳の誕生日に婚約指輪とプロポーズを辻に行ったことを明かした上で「彼女のファン、関係者にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。お互い思いやるような交際で、今年1月には結婚を意識しだしました」と語った。
続きを読む

国税庁が差し押さえダイヤ・絵画などをインターネットオークションで公売!?


国税庁は6月から、税金の滞納によって差し押さえたダイヤモンドや絵画など623点を民間のオークションサイトで売却する「インターネット公売」を始める。インターネット公売は、04年の東京都を皮切りに全国約250の自治体が既に取り組んでおり、滞納額の圧縮に成果を上げているが、国税庁はこれまで税制上の問題から利用することができなかった。国税庁は「多くの人が参加することが見込まれ、高額で売却できるのでは」と期待している。
 出品されるのは、5.153カラットのダイヤモンド(最低入札価格627万円)や、重さ1.5キロの純金製メダル(同300万円)、東郷青児の油彩画(同200万円)など計623点。最低入札価格は、専門家の鑑定による価格よりも安く設定されているという。
 ネット公売は、東京都が04年8月にグラウンドピアノや高級外車など20点を売り出したのが最初。続きを読む
Copyright © 超速ニュース! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。