スポーツ・スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また批判?オシム監督が俊輔に!?


            また批判?オシム監督が俊輔に!?

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070403-00000007-dal-socc

 

   日本代表のイビチャ・オシム監督(65)が2日、東京・お茶の水のJFAハウスでスタッフミーティング後、3月31日のスコットランドリーグで直接FKから得点を記録したセルティックのMF中村俊輔(28)を辛口査定した。
 3月29日に離日し、中1日の31日・ダンディーU戦はフル出場。チーム合流直後に結果を出し、長距離移動や時差の悪影響を理由に海外組招集に消極的だったオシム監督の不安を一掃したかに見えたが、“オシムの考え”は違った。「彼が何を克服したというんだ。FKが蹴れるのは分かっている。試合の中身がどうかが重要」とFKから2アシストした24日・ペルー戦後同様に辛口。中村俊ら海外組を「特別扱いしないでください」とまくし立てた。

 

   オシム監督の考え方ってどこか古いんだよなw

  褒めるのも監督の仕事だよ。

  これで、日本代表が悪くなったらどうするんだよ~

続きを読む

次こそは!真央、次の大技は3回転半-3回転の連続ジャンプ!


             次こそは!真央、次の大技は3回転半-3回転の連続ジャンプ!

       http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000019-spnavi-spo

 

    ミラクル真央”は成長し続ける。世界フィギュアスケート選手権は25日、前日までに終えた競技の上位成績者と日本人選手によるエキシビションを東京体育館で行った。女子シングルで銀メダルを獲得した浅田真央(中京大中京高)も元気な姿を見せ、観客を楽しませた。
 4月や5月にもエキシビションやアイスショーなど多忙だが、ひとまず今シーズンの戦いは終わりを告げた。初出場での銀メダルは評価されるべき結果だが、優勝候補の筆頭に挙げられた実力を持つ浅田にとっては、満足できるものではない。今シーズンを振り返り、浅田は「今は90点だけど、シーズン初めはよくなかったので60点」と自らを厳しく評価した。

 

    真央ちゃん今回はもう一歩で金メダル

    だったのにね~

   今日のエキシビジョンではいききとスケートしてましたね。

続きを読む

ナイスピッチング!帝京の大田、毎回の20奪三振


            ナイスピッチング!帝京の大田、毎回の20奪三振

     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000104-jij-spo

 

    帝京が前半で大勢を決めて快勝。1回、制球の定まらない小城・井出大を攻め、中村の先制打や鎌田の2点二塁打など、打者12人を送り6点。4回にも中村の三塁打などで2点を加えた。大田は外角の直球とスライダーがさえ、7連続を含む毎回の20三振を奪った。

 

   いや~見事なピッチングでした。

  これじゃ、相手の高校の打線も打てませんね。

続きを読む

4回転はなし!美姫、情熱の「女性美」で逆転金


         4回転はなし!美姫、情熱の「女性美」で逆転金

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000010-sanspo-spo

 

   世界選手権最終日(24日、東京体育館)世界一の舞いだ!! 女子で安藤美姫(19)=トヨタ自動車=が金メダルを獲得した。フリーで自己ベストの127.11点を出し、2位だったショートプログラム(SP)との合計得点を195.09点として逆転V。2位にはSP5位の浅田真央(16)=愛知・中京大中京高=が入り、日本勢が金銀を独占。フィギュア王国ニッポンの誇る舞姫が、世界を魅了した。

 

   ミキティすばらしい滑りでした。

  ジャンプしなかったのも正解ですね。

続きを読む

意味不明!?オシム監督「肉でも魚でもない試合でした


         意味不明!?オシム監督「肉でも魚でもない試合でした

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000082-ism-spo

 

     24日、日本代表の2007年初戦となる「キリンチャレンジカップ2007」のペルー戦が横浜国際総合競技場で行なわれ、日本は2対0と勝利を収めた。以下は試合後のオシム監督のコメント。

オシム監督
「印象としては、肉でも魚でもない試合でした。というのは、あまりよくないという意味です。選手はナーバスになっていました。それは自分の力を示したいとあまりにも強く思い過ぎたからかもしれません。そのために不必要なミスが出て、ボールを奪われる場面が何度かありました。

 

   そんな意味だったんだ~w

    昨日の試合は確かにFW陣がゴールを

   決めたけど、もっとゴールを決めれたかな~

続きを読む
Copyright © 超速ニュース! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。