国税庁が差し押さえダイヤ・絵画などをインターネットオークションで公売!?・スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国税庁が差し押さえダイヤ・絵画などをインターネットオークションで公売!?


国税庁は6月から、税金の滞納によって差し押さえたダイヤモンドや絵画など623点を民間のオークションサイトで売却する「インターネット公売」を始める。インターネット公売は、04年の東京都を皮切りに全国約250の自治体が既に取り組んでおり、滞納額の圧縮に成果を上げているが、国税庁はこれまで税制上の問題から利用することができなかった。国税庁は「多くの人が参加することが見込まれ、高額で売却できるのでは」と期待している。
 出品されるのは、5.153カラットのダイヤモンド(最低入札価格627万円)や、重さ1.5キロの純金製メダル(同300万円)、東郷青児の油彩画(同200万円)など計623点。最低入札価格は、専門家の鑑定による価格よりも安く設定されているという。
 ネット公売は、東京都が04年8月にグラウンドピアノや高級外車など20点を売り出したのが最初。

ネットオークションで掘り出し物が

あるかもですね。

ヤフーのオークションで出展するんでしょうね。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000143-mai-soci

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。