ほんと!?40~50代は60代より男性ホルモンが少ない!?・スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんと!?40~50代は60代より男性ホルモンが少ない!?


 一般に年齢とともに低下するとされる男性ホルモンの量について、日本人サラリーマンを調べたところ、働き盛りの40~50歳代の中年層で最も低下しているとの意外な結果が出た。男性ホルモンはストレスの影響を受けやすいと言われており、調査した帝京大病院(東京・板橋区)泌尿器科の安田弥子(みつこ)講師は、「仕事でのストレスが男性の活力を失わせているのではないか」と話す。国際メンズヘルス学会誌に近く掲載される。

 20~30歳代、40~50歳代、60歳代以上の3世代に分けた健康な男性81人を対象に、活性型男性ホルモンの指標になる唾液(だえき)中のテストステロンの量を測定。一日のうちでも変動が大きいことから、2時間おきに唾液を採取してもらい変化を調べた。

 

これまた、意外なけ結果ですね。60代の方が男性ホルモンが少ないと思いましたよ。

大変なストレスを感じる世代なんでしょうね。

対策しないと、どんどん男性ホルホンが減っていきそうですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070425-00000305-yom-soci

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。