4政令市長選が告示,札幌で自・民対決か!・スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4政令市長選が告示,札幌で自・民対決か!


           4政令市長選が告示,札幌で自・民対決か!

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000015-jij-pol

 

    札幌、静岡、広島と、4月から政令市に移行する浜松の4政令市長選が25日、告示された。札幌では、自民、民主両党がそれぞれ推薦する候補が激突。同様の対決構図となっている北海道知事選とも連動した激しい選挙戦が予想される。22日に告示された13都道県知事選などとともに、4月8日に投開票される。
 前回7新人の乱立で再選挙となった札幌は、新人で会社員の二階堂俊三氏(57)、再選を目指す現職の上田文雄氏(58)=民主、社民推薦=、新人で元国交省技監の清治真人氏(58)=自民、公明推薦=の無所属3人が立候補。

 

     いよいよ、選挙シーズンですね。

     地方選挙でも無所属の立候補者が勝つのでしょうか~

   それとも、自民党・民主党の対立かな~

静岡は、再選を目指す現職の小嶋善吉氏(59)=自民、公明推薦=と新人で元参院議員の海野徹氏(57)の無所属2人による一騎打ち。浜松は、新人で元衆院議員の鈴木康友氏(49)、新人で民商事務局長の高林順氏(56)=共産推薦=、3選を目指す現職の北脇保之氏(55)の無所属3人による争いとなった。 

 

 

今年は、冷静にみて

選挙しなきゃだめですね~

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。