意味不明!?オシム監督「肉でも魚でもない試合でした・スポーツ・芸能・社会など最新ニュースを お届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味不明!?オシム監督「肉でも魚でもない試合でした


         意味不明!?オシム監督「肉でも魚でもない試合でした

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000082-ism-spo

 

     24日、日本代表の2007年初戦となる「キリンチャレンジカップ2007」のペルー戦が横浜国際総合競技場で行なわれ、日本は2対0と勝利を収めた。以下は試合後のオシム監督のコメント。

オシム監督
「印象としては、肉でも魚でもない試合でした。というのは、あまりよくないという意味です。選手はナーバスになっていました。それは自分の力を示したいとあまりにも強く思い過ぎたからかもしれません。そのために不必要なミスが出て、ボールを奪われる場面が何度かありました。

 

   そんな意味だったんだ~w

    昨日の試合は確かにFW陣がゴールを

   決めたけど、もっとゴールを決めれたかな~

ペルーが欧州組を含めたフルメンバーで来日していたら、もっと難しい試合になっていたと思います。ですから勝ったといって浮かれることはできない。2対0で勝ったわけですし、内容がよかったのは認めます。勝利そのものはいいことですが、そのなかにはラッキーな面もあった。一方で、ペルーがチャンスらしいチャンスを作れなかったということもあるが…。

特に後半やったようなプレーが90分を通じてできればよかった。まぁ、それができるかどうかはまた別問題ですが、日本のサッカーの目指す方向性の一端が、後半の一部のプレーに表れていたと思います。

 

 

     ペルー代表がベストメンバーだったら

   少しやばかったかもね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。